原口顕人の週一日記

本当は馬のこと書きたいけど書けない系ブログ

第27回の感想

そして二週間が過ぎた。

我々KIRINさん一行はLIONさんへの現状報告に向けて一心不乱に行軍していた。

この日、デプスインタビューの質が悪いといった新事実を発見するも

なんとか現状共有を達成し、我々は枕を高くして眠った。

しかし、気づいていなかったのだ。それは中間報告に過ぎないということに。

そう、我々はようやくのぼりはじめたばかりなのである。

このはてしなく遠いPBL坂を…

 

 

 

 

ってな感じのここ三週間分のダイジェスト。

二週分のアウトプットはどこいったて感じやけど、今週からまたやろう。

 

 

LIONさんがこの週に来るってなことで進めていた

デプスインタビューとそれにもとづいたラダリング、ときどきPEST分析。

 

ぶっちゃけやったはいいがモヤモヤ感もあり、それも含めて共有してみた。

すると、「とりあえず(壁に)それ貼ってみようや」とのこと。

座っていたら喉まで出かかったことって引っ込むもんな。

 

そんでやってみたことは、リ・概念化&貼り直し。

そっから見えてきたことは、「料理が好きで自分から進んでやる層はごく少数」という仮説と、

ならば、「しゃあなくやってる層がそれをやらなくて済む世界にする方向へ向かえば

社会的にはより大きな幸福度を得られるんちゃうか」ってこと。

 

でもそれはやっぱ違いそうなんよな。その時はそれで着地したけど、その日の夜にちょろっと行ったUX Nightでふと

「たとえ受益者が少なかったとしても、LIONさんは前向きな方向で課題を解決していきたい」のんちゃうんかと仮説を発見する。ダークサイド回避。

 

そのためにはデプスインタビューでさらに拾い上げていかななあ。

いま夜逃げ同然の恰好でデプスインタビュー対象者(料理好きサイド)宅から落ち延びてきたけども、

まあがんばっていきましょね。

 

 

 

 

そういえば、株式会社タカギさんに馬術部ができたらしい。

カナキャンで乗ってるらしい。

おれが熱視線らしい。

HP制作第10回の感想

 今日もいつも同様池田社長に福岡大学へ来ていただいてのインターン

ほんとにありがたい限り。

 

 今回は、ぶっちゃけ進んでない方のHP制作を進めることになった。

align:leftにしてるとスマホ表示でずれてたからCSSいじってレスポンシブちょいいじろうかなあと一度は思ったけど、素直に全ての環境下で画像の下に説明文来るようにしたりとか、

Welcartで使う色んな情報を藤社長に聞いとかなあかんなあとか、

特定商取引法に基づく表記系やってねえからとりあえずガワだけパクったやつ作っとこ、

ってな感じのことを今回はやっていた。

 こっちの方の制作はなんで思うように進まへんのかちょっと話し合った方がええかなあ。

第24回の感想

 この日は福岡市科学館で開催された「未来デザインネクスト」へ行った。

講演会の概要やらについては割愛する。

 

 まず、菅俊一さんの講演を大ざっぱにまとめると、創造には必ずしも特別な才能が必要ではないことと、

ただしそれには適切なトレーニングを経なければ身につかないことを中心に話していた。

 

 次は細かいところの感想へ。

観察をするにも枠組みを作ったり適切なレベルの着眼点を持つことで観察のレベルが上がる、ってのは確かにそうだよなあ。ゴール設定やらは何も観察に限った話ではないけども。

ただ、適切なレベルの着眼点の話は、それを設定することで手を動かせるようになるって点ではクオリティを上げるだけの話では収まらないって意味でちょっと別物かなあ。

 

分析レベルの話だと、観察事象から見つけた違和感(それもできるだけ普遍的な特徴を取り出す作業をした上で)と知っとることとの見えない関係性を言語化して結びつけていくって話に「ほーん」ってなったなあ。

普通は決められた項目や関連した事柄で評価していくけど、創造性を発揮するにはそこを意識せにゃそらあかんよな。

じゃあどうやってやるんだってなるけど、そこは日頃から出力しとくこととひたすら数頼みなんだと。

 

 

菅さんの講演はそんな感じ。

 

 その次に行われた「クリエイティブの出発点と観察」では、デザインと社会的問題に関する話が興味深かったなあ。

結果として社会的問題を解決したってデザインの仕方ちゃうくて、社会的問題の解決を狙いにいってるデザインをムズいけどやっていかなあかんよなあ。

 

 

 全体を通して、これからはMBAよりMFAとか、アスリート展で「驚異の部屋」(クンストカンマーを意識して?現代の錬金術的立場と考えてるのか?)が使われてたり、自然の観察が最良の師的なダ・ヴィンチっぽい考え方やらアートとの接点が多く見られたのも面白かったなあ。

 

以上!

第23回の感想

この日のゼミでは、前回の課題の振り返りとくじ引きをした。

まずは課題の方から。

課題は2つ、PEST分析とドラえもんひみつ道具分析があった。


PEST分析では、分析を通して社会的課題を発見し、ある程度LIONの事業に寄せていって考えてく感じの練習だったらしい。

もろにリンクした内容の社会的課題もあったけど、歯に関する知見の深さから別業種へスポット的に関わることもイケそうな感じやったなあ。

ひみつ道具の分析では、ユーザ本人の視点からvalueや使用状況、activityの変化を拾っていくことを練習していくものだった。
ユーザ本人の視点からってのは、
モノだけ見て「こうちゃうかな」では体験デザインできんでしょ
ってとこかららしい。たしかにね。

使用状況の流れについても、箇条書きより一連のストーリ・状況で書けるようになるといいらしい。
これは意識してかなできんなあ。



くじ引きは1番のチームで、チーム名は奇をてらわずに
LIONさんより好きだからと「KIRINさん」にした。
たぶん今までLIONさんが幾度も見てきたであろう名前やろなあ。



そんな感じのゼミだった。

7/13までにどこまで進めなあかんのかなあ。
ぼちぼちがんばらなね。

HP制作第9回の感想

 HP制作はリモートで各グループやっていってることもあり、前回に引き続き今回のメインもHP制作以外のものだった。

 

 今回はこれ、「マンダラート」。以下が2018年現在のやつ。

 

f:id:Cheval_0103:20180615181125p:plain

 

 演じたい自分像のために、見られることを少し意識して書いた部分もある。

"愛" の項目の "わからん" が2つあるのに "わかってみたい" とか、ちょっとあざといな。

ただ、意識して演じていたわけではない "最後まで耐え忍ぶ" 項目に対して「キャラクターが出てる」と評価されたり、血肉になっている部分も素直に書いていたようだ。

 他のメンバーのマンダラートを見ていて興味深かったのは、その人の死生観については見えてこなかったことだ。

それについて聞いてみると、刹那主義と言うか「死のうは一定」的な感じの返事が帰って来た。

自分はよく "死" を意識して日々過ごしているから、うーん、興味深い。

そういう人たちにとって、例えば死刑制度とかはどういう存在なんだろうなあ。

 あと、池田さんの話を聞いていて、自分は感情的知性めちゃんこ高くないか説が自分の中で浮上していた。

もっと高次元のものにしていけば、より良き父になれること間違いなしだ。

 

 と、ここまでブログに書いていて感じたことは、これが自己分析を支援する枠組みとしてなのか、目標達成を支援する枠組みとしてやっていたのか、ごっちゃになっていた部分があるからそこはもう少し意識しないといけなかったなあということ。

 

 

 さて、今回の締めは "救いを得た" ような表情のウルフくん。先越されちゃった。

でも、こんな表情してる瞬間は探してみれば日常の中で案外見つかるかもしれないなあ。

f:id:Cheval_0103:20180615185845j:plain

第22回の課題

 2週開くこともあり、この回のゼミでは課題が別に設けられていた。

内容はドラえもんひみつ道具のやつ。

と言うわけで、早速取り上げていく。

 

 今回取り上げる秘密道具は、友人のすすめもあり「家元かんばん」にした。

まずはこいつの紹介から。

 

f:id:Cheval_0103:20180614020927j:plain

家元かんばん
いえもとかんばん

このかんばんに、なりたい家元を書き、家の門にかけておくと、その道の家元になれる。このかんばんを見た人は、入門したくてたまらなくなる。

 

www.tv-asahi.co.jp

 

 

Value

・権威になれる

・マイナージャンルの普及に役立つ

・コミュニケーションの場が出来る

・いいインテリアとなる(特に古民家とか)

・教えたい欲求を満たせる

・知られたい欲求を満たせる

・認められたい欲求を満たせる

 

●Activity

1.結果を残す

2.流派の名前や書体、レイアウトを考える

3.2を自分で家元かんばんへ書くか、達筆な人に書いてもらう

4.実際どんなもんかチェックする

5.納得しなければ2へ、納得できたら家元かんばんを設置する場所を考える

5.4の内容をもとに実際に置いて確認してみる

6.それぞれ納得できなければ2や5へ、納得できたら記念撮影をする

7.まだ見ぬ入門者のことを考え出す

8.応対する場面を想像する

9.玄関の掃除やお茶菓子、会話の流れを確認する

10.入門者来訪。あとは流れで

 

●Activityの変化

<プレーヤーから家元となる場合>

ひみつ道具故の強制力があるので、宣伝する必要がない

→門下生の増加速度に管理運営が追いつかない危険性があるため、その対策がいる

・事務所となる場所の定期的な掃除が必要になってくる

・リアル対応なので、TPOを意識した服装を意識しなければならない

・(理論を確立して言語化し、)指導法について考え、さらにそれをアップデートし続ける

・お金のことを考える

・競合について考える

 

●まとめ:未来のサービスを考える上で大事だと考える点

・Activityの変化は、対象の文脈によって丸っきり変わってくる。

そこで、より具体性を持たせるのか一般化させるのかは分からないが、どちらかを選ぶ必要がある。

・技術革新や状況の変化によってActivityの置換や省略が行われる場合、別に懸案事項やまったく新しいフェーズが発生しないか想像を膨らませる。

試せるのであれば試すのが一番いい。

・真剣にバカをやるくらいがいい。

第22回の感想

 この日のゼミは、前回行ったインタビュー内容をもとに本質的欲求を抽出するワークを行った。

 

 なんとなくテンポが合ってないなあと思いながら終わった前回だったが、

今回もうまくかみ合わずに終わってしまった。

「ここら辺が"インタビューから得られた事象"だから、そっからラダリングしていこうや」

と、口でこそ言わなかったけど、やりたいことが先に立って柔軟性に欠けていたからなのかなあ。

それとも、それをはっきり口にして、そこからうまいことまとめ上げていくかしないとだったのかもなあ。

 かみ合わなかったこと以外にも、本質的欲求の抽象度が他のグループと比べて高すぎてお題に添えてない感出てたとこや、

個人的にはつながっていてもラダリングに飛躍が見られたとこ、

確かにそれにもつながるんだけどしょうみなとこそれが核違うよなって抽出あったとこ、

あたりがもやもや感に拍車をかけた。これはあきまへんな。

 

 

 

 

f:id:Cheval_0103:20180614014153j:plain

 

 画像はおめかし中のウルフくん。きゃわだわ。

 

 全日本学生の予選会の日程も決まって、それに向かってひたすらやるべきところと

逆算しながらやるべきところ、それぞれがより明確になってきた。

だからなのかレベルが上がってきたからなのか、焦りも以前感じていた漠然としたものではなくなってきた。

7週間後に控えた予選会、幸いウルフの調子はいいから、ピークを合わせることと人間の方のレベルアップがしっかりあればなんとかなるんちゃうかなあ。