原口顕人の週一日記

本当は馬のこと書きたいけど書けない系ブログ

第28回の感想

4月、13日の金曜日から始まり、早くも3年前期のゼミ最終回を迎えた。
この日のゼミでは特に真新しいことはなく、スケジュールの共有と夏休みにやることの計画を立てて終わった。
個人的にはもうちょいタイトに、そして細かく設定していきたかったところではあった。
ともあれ、決めたからにはこれでがんばろう。


さて、これだけだとあんまりだから、今期の振り返りをやる。

今期の感想を見ていると、ゼミとしては「じっくり、はやく」が標語として掲げられていたらしい。
いまのいままですっかり忘れていた…。
せっかく書いてんだから、もうちょい見直しとか周りのやつ見に行くなりしてもええんやろうけどなあ。

ゼミに限らず、学業の方は遅れてきた5月病みたいな感じで今期どうにもいかんかった。
新鮮味がなくなってきたからかなあ。

馬術の方は踊り場が続いている期間も長かったけど、新しい考え方に触れる機会や出来ないことへのスモールステップがわかっていたからかいい感じに過ごせたなあ。
自分だけじゃなくて、うる坊も半年より3ヶ月前、3ヶ月前より今の方がいい感じでええなあ。
体調面でもよく水飲んでて食欲もあるし体温も安定してるしで今のところ問題なし。
今日はどっかで41℃記録したくらいだから油断はできんけども。

さあ、あとは期末テストを全部落とさない程度にこなして、夏九での120,110cmを気合い入れて帰ってくるだけや!
がんばろう、うる坊!