原口顕人の週一日記

本当は馬のこと書きたいけど書けない系ブログ

第19回の感想

 この日はパーソルキャリアの塚本さんから就活についてのお話を伺った。

 

 まずは就活事情のことから。

ここ数年の新卒採用スケジュールの変遷、来年以降の見通しなど

調べればすぐにわかるようなことかもしれないけど、就活に入る前に知っとくことができてよかった。

20卒は解禁なんてあってないようなもんらしい。

あんませかせかするのは好きじゃないから、出遅れてバタバタしないようにしないとなあ。

それと、課題として挙げられていたけど、海外留学生のフォローは確かにどうすんのやろって感じやった。

 

この二年間くらいは適性を見ていこうとやっていたけど、今の得意・不得意で決めるのも正解ではなさそうやなあ。

どの倍率のスコープで覗くべきかも考えないとな。

価値観・行動特性、クセ、Reasonが~言うてたからそこを意識してみるか。

 

 次は自己理解についての話。

「認める」「言語化する」までは分かるけど、「開示する」までが自己理解ってのは考えたことなかったなあ。

(ひょっとしたら「開示する」は自己理解の先にある信頼関係の構築のとこかもしれないけども)

自己理解、自己分析は自分の中でどんどん深掘りしていく系やと思ってただけに少し視野が広がった。

しかし、そう考えると、ブログやTwitterなんかは自己理解にピッタリのツールやなあ。

 

 

 以前誰かが言ってた「行きたいとこないなら成長業界行け」とかもそうだし、

イケてる社会人のお話はなんかしら学ぶところあってええなあ。

 

 

 

 

 

 さあ、馬のお話。

5月12,13は福岡馬事公苑親善馬術大会があった。

今回の競技会は全日本学生大会の予選会に向けた最後の調整の場であり、とても大切なものだった。

今回は初めて100㎝の障害飛越競技にエントリー。

技術的にはまだまだ改善しなければいけないところが沢山あったけど、

予選会に向けてなかなかの好感触だった!

これからも一緒に頑張ろうね、ウルフくん。

f:id:Cheval_0103:20180515232853j:plain