原口顕人の週一日記

本当は馬のこと書きたいけど書けない系ブログ

第12回の感想

この日は、前回やったインタビューの感想へフィードバックがまずあった。

日常会話のような雑談と本音を聞きにいくインタビューでは、沈黙の扱い方がだいぶ違ったようだ。
他にも、教えてもらう姿勢で聞くことや、when,whereなど状況を明らかにしていく質問を活用していくところも違うところらしい。


そんなこんなした後でもう一度グループ内でインタビュー。
今回はオブザーバーをやった。

オブザーバーの感想は、どうしても身ぶりに目がいきがちで、話し方のクセやらはどうにも。
ちょいちょい「それって自分だけなん?」だとか、ただ「分かる」ではなく「雰囲気とか、分かる」のような共感が自然と出ていたなあ、くらいしかわからなかった。
オブザーバーも難しいなあ。


ほんでお次はゲストの伊藤さんにインタビュー。
ゼミ生が順番に質問を重ねていく、という形だった。
ここの感想は、インタビューにはゴールの方向がしっかりあるんだから、それに向かう質問をしないとやなあ、てなところ。
自分の順番がきたから質問をひねり出す、みたいな形はダメダメやね。
あと、何となくわかるくらいの感じだったらもっと詳しく聞いていかないといけないなあ。

そういや、伊藤さんヘビメタ好きなら聖飢魔IIとか好きなんかな。聞いとけばよかった。



最後に、その伊藤さんから就活面接のお話があった。
誤解を恐れずに言うと、面接は気持ちの伝え方なんやと。
質問の種類によって相手や時間など適切なタイミングも違うし、研究しとるからこそできる質問も大事らしい。
そういう意味で、面接は気持ちの伝え方。らしい。




この日はこんな感じだった。
インタビューに天才的な素質はなかったから頑張らないとね。


乗る方では、またいい感じに伸びてる時期に入ったっぽいから、一鞍一鞍感覚を大事に頑張っていこう!
でもとりあえずは土日のクリスマスホースショーで何かしら感じ取ろう!